住宅型有料老人ホームを探すならココが私のお勧めです。

【住宅型有料老人ホーム】をお探しの方に、お勧めのサイトをご紹介!

こんにちは、 “お役立ち情報” をお伝えする「Recommend Style」の横山と申します。

今回は、【住宅型有料老人ホーム】をお探しの方に、お勧めのサイトをご紹介いたします。

どうぞ最後までお付き合いください。

【住宅型有料老人ホーム】とは?

高齢者を対象とする住宅や施設には多くの種類があります。

有料老人ホーム、高齢者向け住宅、介護保険施設、各種地域密着型施設、軽費老人ホームといった種類のうち、有料老人ホームに属する住宅型有料老人ホームとは、どんな施設なのでしょうか。

住宅型有料老人ホームは、食事の提供をするサービスや掃除、洗濯などの生活援助サービスが充実している高齢者向けの住まいです。

介護付き有料老人ホームとの違いは、介護を受ける際に施設内で受けるのではなく、訪問介護を利用するという点にあります。

ただし、ホームの施設内に介護スタッフがいないというわけではありません。

ホームの中に居宅介護事務所があり、そちらの介護サービスを受けることになります。

この介護サービスも、生活援助サービスと同様に24時間スタッフが常駐して対応しています。

また、住宅型有料老人ホームは自由度が高いことも特徴の一つです。

自立している方は、できないことだけ支援を受けて生活することができますし、要介護の方はケアプランを作成してもらって、より個人のニーズに応じた介護サービスを選択することができます。

在宅介護を受ける場合の介護サービスを使える上限金額は、介護付き有料老人ホームより高く設定されています。

そのため、介護サービスをより多く使うことができますが、自己負担額も増えます。

このように、住宅型有料老人ホームでは身体状態によって柔軟にサポート体制を変えることができるようになっています。

最近では、万一何かあった時のために見守ってくれる人にはいて欲しいけれども、すべてをサポートしてもらうのではなく、自分でできることについては自分でしたいというサポートを望む人が増えています。

そのため、施設の設備として居室にキッチンや洗濯のためのスペース、浴室などが設置されていることが多いようです。

また、有料で自由参加のレクリエーションやイベントなどが開催されます。

これらの希望にマッチしているのが住宅型有料老人ホームと言えるでしょう。

【住宅型有料老人ホーム】の費用は?

住宅型有料老人ホームにかかる費用は、大きく分けて初期費用と毎月かかる月額費用に分けられます。

住宅型有料老人ホームは民間企業が運営しているため、基本的にサービスが充実している反面、高額な施設が多く見られます。

初期費用は施設によって大きく変わりますが、数十万~数千万と幅広いため、事前によく確認することをお勧めします。

初期費用は、入所後すぐに対処した場合などは未償却分として返還されることが多いようですが、その期間について定められていないため、5年から10年程度が一般的ですが、入居する前に必ず確認が必要です。

月額利用料の中には、住居費・管理費・食費・サービス利用料や人件費などが含まれています。

設備やスタッフが十分に揃っている施設の場合や、高級志向を謳っている施設などの場合は、高額に設定されている場合がほとんどです。

また、入居一時金を無料としている施設が増えつつありますが、その分月額利用料が増加されている施設が多いようです。

月額費用も施設によって金額は様々ですが、15万円から30万円程度のところが多いようです。

このほかに、外部の介護サービスを利用すると、その分の利用料金がかかってきます。

また、施設内のレクリエーションなども有料で設定されていることが多いため、よく吟味して利用することが必要です。

金額的には決して安くはない住宅型有料老人ホームですが、介護の必要性が出てきた時のことを考えて介護付き有料老人ホームに入居するより負担は少なく済む傾向にあります。

終の住処になることばかりではないとはいえ、そこで生活することを考えると、あまりに希望とかけ離れている施設はお勧めできません。

現在のことだけでなく、今後の身体の状況の変化や身近な人との交流のしやすさ、経済的な面と生活を充実させるためにどの程度を割くことができるかなどを多角的に熟考して決めたほうが良いでしょう。

【住宅型有料老人ホーム】の入所基準

住宅型有料老人ホームの入居基準は、施設によって様々です。

身元引き受け人の有無や、疾患の有無などの入所基準については、施設によって異なります。

自立した方だけを対象としているところもあれば、介護の必要な方だけが入居できるところもあります。

また、自立している方も介護が必要な方も入居できる施設もあります。

日常生活は自立して送ることができるけれど、何かあった時のために見守っていてくれるスタッフの方がいてくれると安心という方や、今後の介護が必要になった時のことを考えて施設探しをしている方まで幅広いタイプの方を対象としています。

ただし、介護といっても比較的介護度が進んでいない方や、認知症のない方などを対象としている施設が多いようです。

そのため入所条件として、自立している方から要支援、軽度の介護を必要とする状態の方までの身体状態を入所の基準としている施設が多いようです。

外部施設の介護を受ける際には、入居者が負担する費用が大きな負担となるため、入所を受け入れる側にとっても、入所する側にとっても共に意味のある入所基準と言えるでしょう。

また、医療行為に関しては、できる施設とできない施設、また施設によってもできる医療行為に制限がある場合があります。

通常であれば受け入れが可能な医療行為であっても、回数が頻回であったり重症度が高い場合は対応できずに入居できない場合もありますので、入居される方にとって必要な医療行為や介護サービスなどに対応出来る施設かどうかを入居前に確認しておく必要があります。

介護ができるから良いというわけではなく、入居する人にとってより良い環境であるかが重要と言えます。

必要なケアが受けられるかどうか、介護が必要になった時はどの程度まで対応できるのか、施設の雰囲気は賑やかなのか穏やかなのか、入所一時金や月額利用料が大きな負担となっていないかどうかなどは、そこで生活していく上では大きく影響してくることなので、各施設をなるべくよく比べてよりあった施設選びをすることをお勧めします。

【住宅型有料老人ホーム】のメリット!

住宅型有料老人ホームのメリットは、何と言っても自由度が高いことにあると言えます。

自立した生活を送りながら、万一のことがあった時には援助が欲しいので見守りを希望する場合などに最適と言えるでしょう。

また、民間企業が運営している場合が多いため、サービス内容も多岐にわたっています。

レクリエーションなどは有料のものも少なくありませんが、施設の中で参加することができて良い刺激になりますし、仲間ができれば施設内で寂しい思いをすることもないでしょう。

このようなレクリエーションは身体状況に合わせて設定されるため、介護度が重くても参加するサービスを検討することができるでしょう。

多くの住宅型有料老人ホームは設計がバリアフリーになっていますので、多くの高齢者にとって安心安全な施設内の構造となっていることがほとんどです。

費用的な面では介護保険の上限まで使う必要がありませんので、福祉器具を買い取ることが不要となります。

必要な福祉器具はレンタルで済ませることができ、レンタル品であれば身体状況が変わった時に無償で適切な福祉器具に変更することができるメリットがあります。

同じ福祉器具を購入した場合は高額になりますが、レンタルの場合は10%または20%で利用することができます。

また、住宅型有料老人ホームでは、施設にもよりますが基本的には訪問介護の形を取っており、同じ施設内に介護事務所が設置されていて、介護職員が24時間常駐していることがあります。

必要な時に必要な介護を受けることができるのもメリットとして大きい点ではないでしょうか。

それから普段は元気な方であっても、体調に変化が出てしまった場合は、提携している医療機関への搬送をスタッフが行ってくれます。

一人暮らしでまだ我慢できるから、と無理を重ねてしまったり病院を受診するのが遅れて大事になってしまったりすることと比べると、見守りを含めたサービスが受けられる住宅型有料老人ホームは、メリットの大きい施設と言えるのではないでしょうか。

【住宅型有料老人ホーム】のデメリット!

一方住宅型有料老人ホームのデメリットは、基本的に自立している人を対象としている施設であるがゆえに、介護度が進んでくると入居し続けることが難しく、退去しなくてはならなくなることにあります。

就寝利用が必ずできないというわけではありませんが、やはり施設内での対応ができない場合が増えてくると、入居している方にとっても大きな負担となってきますので、よく考えて介護の充実している他の施設を検討することも必要になってきます。

また、介護サービスで使える枠が非常に多く設定されていますので、介護保険の限度額近くまで使った場合には、その負担金が増えてしまいます。

それから住宅型有料老人ホームの入居費用は一般的に高額です。

初期費用で数百万円~数千万円になる場合があります。

そして外部委託の介護サービスをたくさん利用すれば、月額費用は非常に高額になってきます。

住宅型有料老人ホームは、民間企業が運営していることからサービスが非常に豊富で、レクリエーションといったことのみならず、例えば居室が個室であるか又は大部屋であるか、居室内にトイレや浴室があるのかそれとも共同設備であるのかや、機能訓練室、理美容室、相談室・健康管理室などがあるかどうかなど施設によって大きく異なってきます。

入居される方がどんなことを希望し、それを満たしながら比較的高額な費用面をクリアして施設を探す必要があるので、ちょうど良い入居施設を探すことがやや困難になるかもしれません。

ただし、住宅型有料老人ホームは現在、有料老人ホームの3割を占めており、また施設としても増加傾向にありますので、目を瞑ることのできるデメリットがあれば入居先を探すことが困難になるわけではないと言えます。

希望をよく吟味し、金銭的な面だけでなく生活面においてどの施設があっているのかを考えて施設を選ぶことで、入居後の生活のしやすさが大きく変わります。

複数の施設を見学するなどして比較検討を重ねて、入居する方にとってベストな施設を選ぶと良いでしょう。

【住宅型有料老人ホーム】を探すなら『LIFULL介護』がお勧め!

住宅型有料老人ホームを探すための検索サイトが色々ありますが、その中でも特に私がお勧めしたいのが『LIFULL介護』なんです。

希望する条件として、都道府県や支払う費用、入居条件、施設の種別での検索をすることができるため非常に便利になっています。

また、こだわりの条件などに特化して検索することができるようになっています。

例えば、体操を行っている施設や菜園活動ができる施設を検索することもできるため、よりこだわりの内容について簡単に知ることができるでしょう。

また、老人ホームってなんなのか全く分からないという方には、どんな種類の老人ホームがあり、それぞれの違いについてや介護保険制度、どの種類の老人ホームが入居を考えている方にとって条件に合うのか。

そして気になる老人ホームや介護施設の費用や選び方、入居までの流れを調べることができるので、何も分からないという方が施設を見学したり比較検討する前段階での情報収集するには、非常に有益なサイトになっています。

老人ホームを考えているということはデリケートな話題でもあり、お知り合いの方から情報をいただくことには抵抗があるという方も少なくないと思います。

そんな方には、老人ホームの疑問に答えるコーナーや、体験談、老人ホームの取材レポートが参考になるのではないでしょうか。

体験談を知ることで、多角的な面から老人ホームを比較検討できるので、意外な見方や思いもしなかった点からの比較ができることがあります。

さらに、新着の施設の情報は早く掲載されますし、人気のある施設や運営会社、市区町村、駅なども検索することができるので、違った価値観を知り、より広い方面から比較検討をするにも役立つと言えます。

基本的な老人ホームのことから、実際にどの老人ホームに決定するかまでを一つのサイトの中で行うことができるならば、とても便利で使いやすいのではないでしょうか。

各老人ホームのサイトを一つずつ比較検討する労力を割く必要もありません。

これから【住宅型有料老人ホーム】を探したい、とりあえず情報を集めておきたいといった方は、しっかり『LIFULL介護』をチェックしておくのが良いかと思います♪


公式サイト

【住宅型有料老人ホーム】を探すお勧めサイト『LIFULL介護』はコチラへ


■LINK■
  • 住宅型有料老人ホームと施設基準について
    有料老人ホームのひとつである住宅型有料老人ホームは、同様に有料老人ホームである介護付き有料老人ホームと違って施設基準や配置しなければいけないスタッフ数といった基準がありません。